お総菜、誰でも無料でどうぞ 「親切な冷蔵庫」のある街

森直由
[PR]

 総菜店で売れ残った食品を、ショッピング街の入り口に置いた「親切な冷蔵庫」に入れて、誰でも無料で持ち帰ることができる。そんな取り組みを、大阪市東淀川区で会社を経営する本川(ほんかわ)誠さん(44)が始めた。

 冷蔵庫があるのは、大阪市東淀川区にあるショッピング街の「ショッピングタウン エバーレ」。1970年代にできた。近年は空き店舗が目立ち、周辺のマンションの住民の高齢化も進む。今年1月には、テナントに入っていたスーパーが閉店した。

 「このままでは買い物に困るお年寄りが出る」。区内で学習塾や整骨院などを営む本川さんは、地域住民のことが心配になった。そこで、3月にショッピング街に総菜店「ばんざい東あわじ」を開店させた。平日の午前11時~午後2時に営業し、鳥のから揚げやだし巻き卵、コロッケ、サラダなどを販売。毎日50人前後の高齢者らが買い物に来ている。

フードロスの削減にも

 本川さんにはもう一つやりたいことがあった。ネットニュースで、生活困窮者らに無料で食料を提供する「公共冷蔵庫」の取り組みが、海外で広がっていることを知った。「総菜店で余った食料を、困った人へ無料で提供できないか。フードロスの削減にもつながる」

 1月に閉店したスーパーから冷蔵庫1台を譲り受けた。「親切な冷蔵庫」と名付け、総菜店の開店にあわせてショッピング街の入り口に置いてみた。

 午後2時に総菜店が閉まった後、1パックあたり500グラムほどの売れ残った総菜をパックに詰めて、午後3時ごろに冷蔵庫に入れる。平均して1日あたり10パック前後を入れているが、夕方にはすべてなくなるという。

 冷蔵庫に取りに来た人と、直接話をすることはないが、メッセージが寄せられていることも。「収入が減り、とても助かりました」「両親の介護と仕事との日々の中、ありがたく頂いております」「うれしくて涙ながらにいただきました」――。

 本川さんは「さまざまなメッセージを読んで感動しました。冷蔵庫を置いて本当によかった。この取り組みが全国へ広がってほしい」と話している。(森直由)