藤井聡太棋聖、最年少で初防衛と九段昇段 将棋・棋聖戦

村瀬信也
[PR]

 将棋の藤井聡太棋聖(18)=王位と合わせ二冠=に渡辺明名人(37)=棋王・王将と合わせ三冠=が挑戦する第92期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第3局が3日、静岡県沼津市で指され、藤井棋聖が100手で勝ち、対戦成績3勝0敗で初防衛を決めた。タイトル獲得通算3期となり、同日付で、八段から九段への昇段も決まった。18歳11カ月でのタイトル防衛、九段昇段はいずれも史上最年少記録となる。

 藤井棋聖は、昨年の棋聖戦で当時棋聖を保持していた渡辺名人を破り、初タイトルを獲得した。今回は、5月に名人を防衛したばかりの渡辺名人に開幕から2連勝。第3局は、後手番ながら積極的な指し手で勝った。渡辺名人はリターンマッチで自身初の四冠を目指したが、ならなかった。

 従来のタイトル防衛の最年少記録は、屋敷伸之九段(49)が1991年に作った19歳0カ月。九段昇段の最年少記録は、渡辺名人が2005年に作った21歳7カ月だった。

 藤井棋聖は防衛をかけた王位戦七番勝負も戦っているほか、挑戦権を獲得した叡王戦五番勝負が今月25日に開幕する。相手はいずれも豊島将之竜王(31)=叡王と合わせ二冠=で、タイトル戦の大勝負が続く。村瀬信也