ハンセン病元患者めぐり職員が不適切発言 兵庫・芦屋市

[PR]

 ハンセン病の元患者に関する展示をめぐり職員が差別発言をしたとして、兵庫県芦屋市が当事者団体に「極めて不適切だった」と謝罪していたことがわかった。市は再発防止のため、職員向けに元患者らを招いた研修会を8日に開く。

 市によると昨年9月、市内の人権団体から、市役所のスペースを使って人権問題に関する展示をしたいと電話で相談があった。その際、団体からハンセン病に関するパネル展示の提案があり、職員が「(元患者の)顔の写真が並ぶと市民がびっくりする恐れがある」という趣旨の発言をしたという。

 その後、この団体や当事者団体から指摘を受け、今年4月に伊藤舞市長名の文書で謝罪したという。市は「ハンセン病への職員の理解を深めていきたい」としている。