九つの頭をもつ「伝説の巨大龍」登場 材料はおもちゃ

[PR]

 宮崎県都城市の市立美術館前に3日、巨大な竜が姿を現した。全長約33メートル、高さ約3・5メートル。九つの頭を持つ「九頭龍(くずりゅう)」だ。地元の竜伝説にちなむ。

 この日県内で始まった文化イベントの関連行事として、福岡県美術家、藤浩志さん(60)が企画。市民らから集めた木の枝やおもちゃなどを材料にした。

 5月1日から地元の人たちと一緒に制作を始め、次第に竜の形になる過程も公開。「人知を超えた存在の竜に何かを感じてほしい」と藤さん。