逆転サヨナラに歓喜の輪…すぐ離れた主将 相手思いやり

井上潜
[PR]

(3日、高校野球北北海道大会 旭川東4-3旭川永嶺)

 旭川東の長坂龍馬主将(3年)はどんな場面でも冷静だ。1死一、二塁で打席に入った九回裏。好投してきた相手エースの直球をはじき返すと、1点差に迫る適時打に。続く神原京太選手(2年)がサヨナラ打を打つと、ベンチ前ではチームメートが抱き合って喜び、歓喜の輪ができた。

 「旭川永嶺の選手たちも一生懸命プレーしたから。喜び過ぎては相手に申し訳ないと思った」と、すぐにチームメートの輪から離れると、整列して旭川永嶺の選手たちと向き合った。

 下位打線の7番を打つが、初戦は2打数2安打2打点に犠打2と、いぶし銀の活躍。この日も2安打1打点と勝負強さを見せつけた。「永嶺のような強いチームと今日のような試合ができたのは、本当に良かった。北大会でも最後まであきらめず、一つでも多く勝ち上がりたい」(井上潜)