藤井聡太棋聖、色紙に「初心」の思いは 初防衛一夜明け

有料会員記事

村瀬信也
【動画】色紙に「初心」 防衛から一夜明け、藤井聡太棋聖が会見=山本裕之撮影
[PR]

 3日にタイトル初防衛と九段昇段を史上最年少で果たした将棋の藤井聡太棋聖(18)=王位と合わせ二冠=が4日、対局から一夜明けて記者会見に臨んだ。渡辺明名人(37)=棋王、王将と合わせ三冠=を挑戦者に迎えた第92期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)は、開幕から3連勝で防衛を達成したが、「防衛に満足することなく、前を向いていきたい」と語った。一問一答は以下の通り。

――対局から一夜明けて、改めて初防衛の気持ちは。

「昨年の棋聖戦はタイトル戦自体初めての経験で実感がわかないところもあった。今回は防衛戦ということで、タイトルの重みを感じながらの戦いだった」

――色紙に「初心」と揮毫(きごう)した。気持ちは。

「今回防衛することができたが…

この記事は有料会員記事です。残り1596文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!