梅雨前線、1週間ほど停滞か 5日は広範囲で大雨見通し

[PR]

 東海と関東に記録的な大雨をもたらした梅雨前線は4日、日本海まで北上し、北陸や中国、九州北部の広い範囲で5日にかけて大雨となるところがある見通し。気象庁によると、今後1週間ほどは列島に前線が停滞し、大雨を伴う災害が発生しやすい梅雨末期に特徴的な天候になりそうだという。

 前線は4日正午の段階で西日本から日本の東へ延びており、前線上の日本海では低気圧も東へ進んでいる。前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、5日にかけて日本海側では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るところもある見込み。

 5日正午までに予想される24時間雨量はいずれも多いところで、東海と九州北部150ミリ▽北陸と中国120ミリ▽近畿100ミリ。その後の24時間でも北陸と中国では50~100ミリが予想されている。

 気象庁予報課の岸本賢司・主任予報官は4日、今後の梅雨前線の動きによっては「大雨の災害がいつどこで起きてもおかしくない状況になりえる。来週にかけて警戒が必要」と話した。また、「日本海側は太平洋側に比べると元々雨が少ないので、雨量が少なくても災害が起きる可能性は高い」とも呼びかけた。

 東海や関東ではこれまでの記録的な大雨により、静岡県内を中心に引き続き災害の危険度が高い地域がある。少ない雨でも土砂災害が起きる恐れもあり、厳重な警戒が必要となる。

 3日に土石流が発生した静岡県熱海市を含む伊豆地方では、5日は曇りで昼すぎから雨の予想。場所によっては雷を伴って激しく降る見込みという。

 また、北上する梅雨前線の南側に入るため気温の上昇が予想されている。熱海市付近の予想最高気温は5日から11日にかけて連日28、29度となっている。

 岸本主任予報官は熱海市付近の気象状況について、「雨はこれから小康状態だが、一時的に強まったり弱まったりし、曇りにもなる。蒸し暑くなるので、被災地の活動は暑さなど体調管理にも注意してほしい」と話した。