紀平梨花の「パーフェクト」 憧れは浅田真央さんの3A

有料会員記事

[PR]

 フィギュアスケート女子の紀平梨花さんは、来年2月の北京冬季五輪で完璧な演技をすることを目指して、日々の練習に励んでいます。五輪に対する思いや、取り組みなどについて、紀平さんが語ります。

    ◇

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします

 新しいシーズンを漢字一文字で表すとしたら、頭の中でまず思いついたのが「完」という文字でした。

 「完璧」とか「完成」とかいろいろな言葉に付く漢字ですけど、五輪シーズンは完璧な演技を追い求めて、北京五輪で「完成形」を披露する。「パーフェクト」を目指す。そんな思いを込めて選んでみました。

 今年は春に高校を卒業して、早大へ進学しました。

 授業で選択したのは、英語などの必須科目と、あとは運動力学的な授業も取りました。今年は五輪シーズンなので、まずは競技に打ち込めるように、履修科目は少なめに選択しています。

 授業はオンラインがメインです。練習の状況にあわせて受けています。先日は力学の小テストみたいなものもあったのですが、難しくて困りました……。

 昨シーズンの後半は足や腰を痛めて、ちょっと悔いの残ったシーズンになりました。シーズンが終わってからは体のケアに重点を置いて過ごしてきました。

 トレーニングや、バレエ、ピ…

この記事は有料会員記事です。残り851文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]