兵庫県知事「大阪との県境に壁でも」、知事選応援で発言

新型コロナウイルス

武田遼
[PR]

 兵庫県井戸敏三知事は4日、姫路市内での知事選候補者の応援演説で、東京や大阪で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあるとして、「大阪との県境に壁でも建てられればいい」と発言した。井戸知事はその後、朝日新聞の取材に「人の流れはなかなか止められないという例えとして話した」と説明した。

 井戸知事は演説のなかで「(県内の1日当たりの新規感染者は)20人前後で推移するが、東京や大阪は感染者が増えつつある。大阪との県境に壁でも建てられればいいんですけど。トランプさんみたいに」と発言。その後に「残念ながらそうもいきませんので。大阪が増えると兵庫も増えるので、コロナ対策を進めていきたい」と続けた。不法移民対策としてメキシコ国境に壁の建設を訴えたトランプ前米大統領を念頭にした発言とみられる。

 井戸知事は昨年7月にも、兵庫や大阪の感染者は東京に関連しているとして「諸悪の根源は東京」と発言し、直後に言い直した。(武田遼)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]