「土石流が!」妻の叫び、間一髪 28時間ぶり夫婦救出

有料会員記事

【動画】熱海の土砂災害でマンションに取り残され救助される母子=警視庁提供
[PR]

 大量の土砂で一変した集落に、安否を尋ねる捜索隊の声が響いた。静岡県熱海市伊豆山で起きた土石流から一夜明けた4日、泥に埋もれた家屋から人々が救い出された。一方、雨で捜索は何度も中断。安否がわからない人の親族らは不安げに見つめ、避難所に身を寄せた住民は「早く帰りたい」と疲れ切った様子で話した。

 熱海市伊豆山の浜地区では4日午後2時20分ごろ、泥に1階が埋まった自宅ビルから、湯原栄司さん(75)と珍江(よしえ)さん(75)の夫妻が救出された。土石流の発生から約28時間。3階建ての2階窓に掛けられたはしごに足を掛け、一歩ずつ下りた。「おけがはないですか」「ありがとうございます」。救助の警察官から声を掛けられると、珍江さんは小さな声で応じた。

 街は茶色く一変し、バスの車体の中ほどまで泥に覆われた。ぬかるんだ泥の上に敷かれたベニヤ板を踏み外せば、ひざまではまってしまう。2人は肩を支えられながら、ゆっくりと避難所に向かった。

 土石流が発生した3日、居間のある3階にいた珍江さんは、不思議な轟音(ごうおん)を聞いた。「大雨だから、どこかへ重機が出動しているのかしら」。窓から外をのぞくと、大木などを巻き込んだ土石流が向かいの家の1階をえぐり取っていった。こちらには来ず、土砂の様子を見ていると、約30分後、今度はさらに大量の黒い波が来た。

 夫の栄司さんは、山の状況を見るために屋外にいた。「土石流が来てる!」。叫び声で、栄司さんは自宅に駆け込み、間一髪で助かった。

 この「第2波」で、1階にあった台所も、風呂も、トイレも、車も埋もれた。

 ガスと水道は止まったが、奇跡的に電気はついた。3階にあった1リットル入りのペットボトルの水を2人で分け、カップ麺を食べて救助を待った。

 4日になった。救助隊は泥まみれになって近づこうとしてくれるが、行く手を阻まれる。ショベルカーが泥を少し取りのぞいたかと思うと、時折強く降る雨で土砂災害の緊急速報が出され、捜索は何度か中断した。「またいつ土石流が襲ってくるか」。おびえながら過ごした。

 地区の別のアパートでは、2階から乳児と母親が救助された。窓から身を乗り出した母親が、バスの屋根に乗って手を伸ばす警察官に毛布にくるんだ乳児を託す。手から手へとさらにリレーされ、無事に救助されると「おー」と安堵(あんど)の声があがった。乳児は隊員の腕の中で大声で泣いた。

 地区の約20世帯が大きな被害に遭ったとみられる。この地区で生まれ育った珍江さんは「今でも信じられない」と話した。

「土砂が空を舞うようだった」

 安否不明者の捜索は4日早朝…

この記事は有料会員記事です。残り876文字有料会員になると続きをお読みいただけます。