【5日の詳報】ホテルに560人避難 安否不明者64人

【動画】静岡・熱海市伊豆山地区の土石流。海岸線まで爪あとが残る=熊倉隆広撮影

 静岡県熱海市の住宅街を土石流が襲ってから丸2日。伊豆山地区では少なくとも約130棟の建物が被害を受け、いまだ安否不明の人も多くいるとみられます。5日の動きを詳報します。

写真・図版
土砂崩れが起きた現場の周囲には、消防や自衛隊など多くの車両が集結していた=2021年7月5日午前8時9分、静岡県熱海市、角野貴之撮影

20:10

きょうの捜索終了 安否不明者64人に

 熱海市の斉藤栄市長が市役所で記者団の取材に応じ、午後6時にこの日の救助作業を終えたと発表した。

 また、市が住民基本台帳に基づいて確認を進めている住民の安否では、安否が確認できていない人は64人に減ったことも明らかにした。避難所を集約した市内2カ所のホテルでは、560人超が避難を続けているという。

18:00

取り残された猫1匹を救出

 警視庁の救助隊員が被災した集合住宅から猫1匹を助け出したことを同庁が明らかにし、当時の状況を説明した。

 1階部分に土砂が流れ込んだ集合住宅。「中に猫がいるんです」。飼い主の女性の通報を受け、鍵を預かった救助隊員は4階の部屋に向かった。

 押し入れに置いてあった棚の上に、猫の姿が見えた。手を伸ばしたが届かない。猫も棚から動こうとしない。

 玄関に引き返した隊員は固形の餌を手にとり、猫の前に置いた。するとまもなく猫は餌に体を寄せ、待ち構えていた隊員に抱き寄せられた。発見から6分間の出来事だった。

 猫はケージに入れられ、飼い主に引き取られていった。取材に応じた警視庁の担当者は「飼い主にとっては家族同然なので、救助できてよかった」と目を細めた。

写真・図版
土石流に襲われた集合住宅の室内から、警視庁の救助隊員が助け出した猫=2021年7月5日、静岡県熱海市、寺沢知海撮影

16:25

加藤長官「心温まるメッセージ、支援の姿勢に感謝」

 加藤勝信官房長官は5日午後の記者会見で、今回の大雨による被害に対し、同日正午現在で台湾、豪州、韓国、英国など、14の国・地域や機関からお見舞いのメッセージや支援の申し出があったことを明らかにした。加藤氏は「日本国民、また日本政府に対して心温まるメッセージ、支援の姿勢を示して頂いたことに対して心から感謝申し上げたい」と述べた。

写真・図版
会見する加藤勝信官房長官=2021年7月5日午前11時24分、首相官邸、上田幸一撮影

16:00

1人の死亡確認、死者は計4人に

 熱海市は、同市伊豆山で心肺停止の状態で見つかった1人について、死亡を確認したと発表した。性別は分かっていないという。

 死者は計4人となった。

14:45

土砂から1人発見、心肺停止 2人は無事

 熱海市は、同市伊豆山で土砂の中から1人を発見したと発表した。心肺停止の状態で、性別はわからないという。ほかに男女2人が救助され、命に別条はないという。

写真・図版
土砂や倒壊した家屋が国道に流れ込んでいた=2021年7月5日午前11時23分、静岡県熱海市、福留庸友撮影

14:00

「少しでもお役に」県内外から物資続々

 熱海市役所には、県内外から救援物資が続々と届いている。庁舎内の会議室には飲料水やカップ麺、トイレットペーパー、マスク、消毒液などが入った箱が所狭しと積み上げられている。

 市によると、土石流が起きた翌4日から届き始め、5日午前までに約300件を数えたという。送り主は県内と県外が半々。県外では首都圏からの支援が目立つという。

 市内の女性(38)は、自家用車で介護用オムツや除菌シートなど100点余りを市役所まで運んできた。「被災地の伊豆山には知人も多い。少しでもお役に立てれば」

 被災者の大半は避難所の学校や公民館から市内のホテルに移っており、生活環境は改善されつつあるという。市の担当者は「善意の品々が届き、感謝申し上げたい。長期戦の可能性もあるので、ホテルに輸送するなどして役立てさせていただく」と話していた。

写真・図版
市役所に届けられた救援物資=2021年7月5日午後2時24分、静岡県熱海市、中村純撮影

12:50

亡くなった女性の氏名公表 熱海市

 土石流で倒壊した逢初(あいぞめ)川上流の住宅から救助され、後に死亡した高齢女性について、熱海市は同市伊豆山の鈴木チヨセさん(82)と発表した。

 鈴木さんは4日朝に救助され、病院に運ばれた。搬送時は重症だったが、同日午後に死亡が確認されたという。

 土石流による死者は計3人が確認されている。2人の身元はまだ分かっていないという。

12:10

熱海市長「不明者80人に」

 熱海市の斉藤栄市長が市対策本部会議の冒頭、「3人の救出作業を進めている」と説明した。安否が確認できていない人は、5日朝時点の113人から「80人に減った」と述べた。

11:30

静岡県、不明者の氏名公開へ

 土石流の被災地で、住民基本台帳に記載され所在が分かっていない人について、静岡県が氏名や住所、年齢などを公開する方針を明らかにした。県は熱海市と連携し、名簿を作る。県は「なるべく早く公表したい。避難所に誰が避難し、誰が連絡が取れないのか明確にしたい」としている。

11:30

菅首相「救命救助と被災者支援に全力を」

 大雨により静岡県熱海市伊豆山で大規模な土石流が発生したことなどを受け、政府は5日、菅義偉首相を本部長とする「非常災害対策本部」を設置し、同日午前に1回目の会議を開いた。

 会議で首相は「熱海市の調査に基づき、いまだ100人を超える方について安否確認を実施中だ。二次災害にも注意し、一人でも多くの命を救い、暮らしを守るため、速やかな救命救助と被災者支援に全力を尽くして頂きたい」と求めた。

 また、「今回の梅雨前線は引き続き各地で大雨をもたらす可能性がある。地盤が緩んでいることから、雨が収まっても、土砂災害が発生するおそれがある」と指摘。国民に向け、「土砂災害を厳重に警戒し、お住まいの地域のハザードマップを改めて確認し、危険な場所に近づかないようにして下さい。気象情報や避難情報などに十分に注意し、早め早めに命を守る行動を取って頂きますようお願いします」と呼びかけた。

写真・図版
大雨に関する非常災害対策本部会議で発言する菅義偉首相=2021年7月5日午前11時46分、首相官邸、上田幸一撮影

11:10

政府、非常災害対策本部を設置

 加藤勝信官房長官は5日午前の記者会見で「現地では人命第一の方針のもと、警察、消防、自衛隊、海上保安庁を中心に1500人をこえる態勢で救命救助活動を行い、安否を含めて確認作業にしっかり取り組む考えだ」と説明。菅義偉首相を本部長とする「非常災害対策本部」を設置したことを明らかにした。同本部は5日午前に会議を開く。

 また、加藤氏は「救命救助活動、安否不明者の捜索、被災者の支援に全力を尽くす段階と考えている」と述べ、現時点で閣僚の現地視察は予定していないとした。

09:50

菅首相「被害者、できるだけ早く救出」

 菅義偉首相は5日午前、首相官邸で記者団の取材に応じ、静岡県熱海市伊豆山で発生した土石流への政府対応について「政府としては、災害が発生以来、連日対応している。関係閣僚会議など開いている」と強調した。そのうえで「土砂の中に埋まり、助けを求めていると思われる被害者の方を、一人でも多く、できるだけ早く救出するために、警察、自衛隊、消防、海上保安庁などが今、全力で取り組んでいる」と述べた。

写真・図版
都議選の結果を受け、取材に応じる菅義偉首相=2021年7月5日午前9時55分、首相官邸、上田幸一撮影

09:10

県「住む人や家所有の人、連絡を」

 安否不明者の所在確認について、静岡県が「土砂災害の影響範囲に住む人や家を所有している人は、自身や家族の安否情報自治会役員など地域の知人に連絡してほしい」と呼びかけた。熱海市内は別荘の利用者が多く、住所地での居住実態の把握が難しいため、安否確認に時間がかかっているという。

 県や市によると、5日午前7時時点で、113人の安否が分かっていないという。県は「救助・救出活動を円滑に行うために必要な情報です。速やかにご協力いただけるようお願いします」としている。

写真・図版
土砂崩れの現場付近を調査する人たち=2021年7月5日午前10時13分、静岡県熱海市、角野貴之撮影

08:00

ホテルが避難所に 「ふかふか布団、ホッとした」

 熱海市は、市内10カ所に分散していた避難所をホテル2軒に集約した。

 大学4年生の横田さくらさん(21)は、母(51)とともに市中心部の熱海ニューフジヤホテルに移った。「ふかふかの布団で体を伸ばすことができホッとした。やっと気持ちに余裕ができました」

 和室の客室は2人分の布団を敷いてもゆったりできる広さ。2日ぶりにシャワーを浴びると泥が落ちてきた。携帯を充電し、友人の安否をLINE(ライン)で確認して「こっちは大丈夫」と声を掛け合った。

 中学校の体育館に避難していた鈴木敏男さん(72)は妻とホテルへ。「体育館では板張りの上に毛布1枚だけで、全然眠れなかった。やっとゆっくり休めます」と顔をほころばせた。3人部屋に4人で入った小林直美さん(52)は5日朝、「お風呂に入って、眠れただけでありがたい」と喜んだ。別の女性(53)は同居する父親(80)と避難した。「個室になったので、新型コロナウイルス感染対策も安心」と話した。

 ホテルは土石流の発生で臨時休館を決めていたが、市の要請で避難者の受け入れを決めたという。350の客室と、大浴場やレストラン会場を備える。避難者約500人を受け入れ、5日夜からはビュッフェ形式の食事を用意する。

写真・図版
避難所となったホテルのロビーには早朝から支援物資を求める人の姿があった=2021年7月5日午前6時38分、静岡県熱海市、福留庸友撮影

07:05

市長「正確な数字を」 市対策本部会議

 熱海市の斉藤栄市長は、5日朝に開かれた市の災害対策本部会議で、同市伊豆山地区の被災地に住むとみられる人で安否がまだ確認できていない人が113人いると明らかにした。

 4日夜時点で、住民基本台帳に載っている147人の安否が分かっていなかったが、その後34人の所在が確認できたという。

 斉藤市長は「引き続き、できるだけ正確な数字を確定していきたい」と述べた。

 一方、3日に逢初(あいぞめ)川上流の住宅から救助された高齢女性の死亡が確認され、死者は計3人となった。

06:05

捜索開始 5日は5カ所で重点活動

 熱海市伊豆山の被災現場で、警察や消防による行方不明者の捜索が再開された。5日は上流から下流にかけて5カ所で重点的に活動する。

 土砂の状況を目視で監視する。二次被害を防ぐため、異常が発生した時に「エリアメール」で緊急速報を配信する。

写真・図版
土砂をかき分けて捜索活動をする自衛隊員ら=2021年7月5日午前6時22分、静岡県熱海市、藤原伸雄撮影