態度一変させた小池知事 くすぶる「自民から国政復帰」

有料会員記事東京都議選2021

軽部理人、明楽麻子
[PR]

 東京都議選での動向が注目された小池百合子知事。告示直前の入院を経て、選挙戦の最終日に「生みの親」と自負する都民ファーストの会の候補者を激励に訪れた。全面的に応援をした前回選挙から一変した小池氏の態度だが、最後の最後で動いた。都民ファ関係者が胸をなで下ろした背景には、小池氏の代表復帰をめぐる、ある夜のやり取りがあった。

 選挙戦最終日となった3日午前。都民ファーストの会代表の荒木千陽氏の選挙事務所に、特別顧問を務める小池百合子知事が突如として激励に現れた。「頑張って」と声をかけた小池氏の滞在時間はわずか数分。演説することはなかった。小池氏はその後、都民ファ候補者10人超の激励に回った。

 都民ファの関係者からすればその姿は、応援演説を連日行った前回の都議選と大きく変わったように映る。だがある都議は言う。「4年前と比べると小池氏の態度が一変した。だけど、選挙区に足を運んでもらえただけでも御の字だ」

都民ファが覚悟決めた夜

 都議選告示1週間前の6月1…

この記事は有料会員記事です。残り1014文字有料会員になると続きをお読みいただけます。