無党派層・小池知事支持層、見えた変化 都議選出口調査

有料会員記事東京都議選2021

君島浩 磯部佳孝
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 小池百合子都知事の支持層、無党派層の支持を前回ほど受けられなかった都民ファーストの会。議席を増やすものの、勢いに欠ける自民。4日に投開票された東京都議選で、朝日新聞社が実施した出口調査からは、こんな構図が浮かんだ。(君島浩)

 今回の出口調査のデータを支持政党別に分析すると、自民が伸び悩んだ様子がうかがえる。

 自民党を支持すると答えた人の割合は全体の28%。大敗を喫した前回2017年都議選の26%を少し上回った。その自民支持層のうち、自民候補に投票したと答えたのは70%で、やはり前回の67%を少し上回った程度だった。

 一方、無党派層(全体の23%)の投票先は割れた。都民ファが25%と最も多かったが、前回の35%より減らした。共産は16%、自民15%、立憲15%だった。立憲は、前回の民進の10%を上回ったものの、共産や自民とほぼ同じだった。

 前回都議選で第1党に躍り出た都民ファの支持率は12%。そのうち92%が同党候補に投票したと答えたが、支持率が前回の24%から半減した分は取り戻せなかった。(君島浩)

自民との関係修復が影響か

 前回、都民ファの躍進を後押…

この記事は有料会員記事です。残り1758文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら