変幻自在の戸田恵梨香、今度は訳ありの交番お巡りさんに

有料会員記事

上田真由美
[PR]

 交番勤務の女性警察官コンビを描く7日スタートのドラマ「ハコヅメ」(日本テレビ系、水曜夜10時)に、戸田恵梨香(32)が主演する。人間くさいお巡りさんたちの会話劇。どんな思いで演じるのか。

 映画「デスノート」では裏の顔を持つアイドル、ドラマ「SPEC」ではガサツな天才刑事、NHK朝の連続テレビ小説では道を切り開いていく陶芸家の半生を熱演し、最近は「後妻業」が疑われるヘルパーまで。多彩すぎる役を経て、今回演じるのは、交番勤務のお巡りさんだ。

 といっても、もちろん、ただ者ではない。ドラマ「ハコヅメ」で主演する藤聖子は、刑事課の元エース。パワハラしたために交番に「飛ばされた」とのうわさで、ペアを組むことになった新人の川合麻依(永野芽郁)は気が気でない。撮影前にW主演の2人が並んだ取材会では、アハハと笑い声をあげて場を盛り上げ、永野から甘えたように視線を送られると、優しく相づちをうつ。すでに姉妹のような名コンビぶりを見せつけた。

 「姉御肌なところは、藤に似ているのかなと思います。おせっかいなところもありますし。自分が知っていることは、全部教えてあげたくなります。うるさいんですよ」

 同名の原作漫画の作者、泰三…

この記事は有料会員記事です。残り714文字有料会員になると続きをお読みいただけます。