フラミンゴ、すくすくと育ってます 神戸・王子動物園

白井伸洋
[PR]

 神戸市灘区の市立王子動物園では、フラミンゴのベビーラッシュを迎えている。ひなたちが親鳥から口移しでミルクをもらったり、おぼつかない足取りで歩いたりする姿を、訪れた人たちはほほ笑ましく眺めていた。

 同園によると、5月30日に今季1羽目が孵化(ふか)したのを皮切りに、これまでに計3羽が生まれた。今も親鳥が抱卵中の卵が6個あり、8月中旬にかけ順々に生まれる予定だという。

 同園では、新型コロナウイルス対策として、混雑した場合の入場制限や、土日祝日のジャイアントパンダの観覧を事前予約制とするなどの対応を行っている。(白井伸洋)