声がけだって、立派な戦力 マネジャー務めて見えたこと

渡部耕平
[PR]

 声だって、立派な戦力だ。五所川原商のグラウンドで、木村聖拳(せいけん)マネジャー(3年)は人一倍声を張り上げる。選手が好返球をすると「いいね!」とほめ、打撃マシンに球を入れるときは「行きまーす」と明るく響かせる。のどに力が入って声がひっくり返ったり、練習後に声がかれたりもする。でも「みんなに必要とされる存在でありたいです」と、苦にしない。

 マネジャーの役割は後輩の女子2人と分担しているが、キャッチボールの相手やブルペン捕手もこなせるのは、男子マネジャーならでは。仲間と白球を追う日々に充実感を覚えている。

 野球を始めたのは小学4年。五所川原一中では外野手だった。ところが2年の秋に腰を痛め、軽めのキャッチボール程度しかできない状態に。監督の勧めで冬からマネジャーに転じた。

 高校の入学時は、野球から離れようかとも考えた。しかし、中学の仲間たちが進学先で野球を続けていると知り、気持ちが固まった。「自分も野球部で頑張りたい」。最初からマネジャーを希望して入部した。

 選手を支える側に回ると、初めて気がつくことが多かった。たとえば、ノック。監督に球を渡しながら見ていると、選手が捕れるかどうか難しいところに狙って打っている。選手の打球への反応が、日に日に速くなるのも見て取れた。全体を見渡し、チームの状況をつかむ。マネジャーとしての目が養われていった。

 声がけを特に心がけている。部員同士がぎくしゃくすると、間に入って話を聞く。「気持ちは分かるよ」とひと声かけるだけでお互いが打ち解け、チームのまとまりが強くなる。そんな場面を何度も経験した。

 試合では声で仲間を助ける。昨秋の県大会五所川原地区予選で、相手が走者を三塁に進めた。ピンチに立った投手を励まそうと、ベンチから叫んだ。「球が伸びてる。いいコース、突いてるよっ」。犠飛で失点し、結局は敗れたが、投手から「お陰で気持ちに余裕ができたよ」と感謝された。マネジャーでも「一緒にプレーができた感じがしました」と喜んだ。

 五所川原商の男子部員は自身を含めて17人。大会では背番号17をつけてベンチに入る。今も腰は完治しておらず、激しい動きはできない。でも、気持ちは「選手の1人」だ。「一番声を出して、チームの雰囲気を明るくします」と意気込む。(渡部耕平)