立憲と共産、都議選の共闘に手応え「1対1にすれば」

有料会員記事立憲共産

北見英城、鬼原民幸、横山翼
[PR]

 4日に投開票された東京都議選で、立憲民主党共産党が候補者を一本化した21選挙区(無投票を除く)のうち12選挙区で当選を果たし、「共闘」が一定の成果を出した。立憲を支援する連合には異論もあるが、今秋までにある衆院選に向けて、自民党よりも自力に劣る立憲内には、共産との共闘を求める声がいっそう強まっている。

 「これだけ自民に対する批判票が国民の中にある。(野党候補を)一本化して1対1の構図にすれば、票が来る可能性は広がった」

 立憲の福山哲郎幹事長は5日未明の記者会見で、国民民主、社民両党とも連携して、共産との候補者調整に乗り出す考えを示した。

 今回の都議選で、立憲、共産は1~3人区の約8割で候補者を一本化した。結果、立憲の公認・推薦候補は7勝2敗だった。さらに勝利した7選挙区ではいずれもトップ当選だった。

 立憲、共産が競合して共倒れになってしまった4選挙区についても、一本化していれば、あわせた得票が当選圏に入っていた。

 次の衆院選に向けて、立憲と共産は現在、約70の小選挙区で候補者が競合している。立憲の枝野幸男代表は4月の衆参補選・再選挙が終わった後、共産の志位和夫委員長との会談で「一本化に向けた協力のあり方について話し合いを始めたい」と伝えたが、具体的な動きは進んでいない。

 志位氏は5日の記者会見で、都議選で双方の国会議員らが応援演説に入ったことに触れ、「一本化にとどめず、相互に支援していく共闘にしたい」と踏み込んだ。新型コロナウイルス対策やジェンダー平等などを例に、共闘の旗印にしたい考えも示した。

 ただ、立憲の支持団体である…

この記事は有料会員記事です。残り380文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!