中山ラビさん死去 フォークソング「私ってこんな」

 中山ラビさん(なかやま・らび=シンガー・ソングライター、本名宮本〈みやもと〉ひとみ)4日、食道がんで死去、72歳。通夜は7日午後4時、東京都府中市栄町1の5の9の正覚寺で。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長男宮本一平(いっぺい)さん。

 東京都出身。ボブ・ディランに影響を受け、フォーク歌手として関西を中心に活動し、1972年にアルバム「私ってこんな」でメジャーデビュー。80年代後半に一時音楽活動から退いたが、90年代後半に復帰。東京・国分寺の喫茶店「ほんやら洞」を経営するかたわら、今年4月までコンサートをこなすなど、晩年まで精力的に活動した。