かっぱ寿司社長 競合他社の情報不正入手か 警視庁捜査

[PR]

 回転ずし大手「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト(本社・横浜市西区)の田辺公己社長が、競合する「はま寿司」の営業秘密を不正に取得したとして、警視庁から不正競争防止法違反容疑で捜査されていることがカッパ社への取材でわかった。

 同社によると、6月28日にカッパ社の本社が家宅捜索を受けたという。田辺社長は同社顧問に着任した2020年11月~12月中旬に複数回、はま寿司の関係者から日次の売り上げデータなどをメールで受理した疑いがある。田辺社長はカッパ社に入るまではま寿司の親会社「ゼンショーホールディングス」に勤めており、メールの送信元は元同僚だったという。

 カッパ社は田辺社長に経緯を聞き取ったとした上で、「はま寿司や関係者に多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くおわび申し上げます。捜査に全面的に協力し、進展を踏まえた上で、厳正に対処して参ります」などとするコメントを発表した。