• アピタル

国内製造ワクチン113万回分、台湾に追加提供へ 外相

新型コロナウイルス

[PR]

 茂木敏充外相は6日の閣議後会見で、台湾の新型コロナウイルス対策への支援として、国内で製造した英アストラゼネカ製ワクチン113万回分を追加提供すると発表した。台湾向けワクチンは6月に124万回分を送っており、今回は第2弾となる。

 ワクチンは8日に航空便で送る。台湾とは国交がないため、窓口機関である「台湾日本関係協会」を通す形を取る。外務省は「台湾におけるワクチン不足は当面続くことが予想され、追加でワクチンを供与することとした」としている。

 このほか茂木氏は会見で、各国がワクチンを共同調達する枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」を活用する形での海外支援策に改めて言及。「東南アジア、南西アジア、太平洋島嶼(とうしょ)国に1100万回分のワクチン供与を予定している。7月中旬以降になると思う」と述べた。

 政府は6月2日にオンラインで開かれた「ワクチンサミット」で、菅義偉首相がコバックスファシリティーなどに約3千万回分のワクチンを現物で提供する方針を表明していた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]