東名高速通行止め、今週末めどに開通目指す 国交省

[PR]

 大雨による土砂崩落の影響で、静岡県内の東名高速道路上り線の沼津インターチェンジ(IC)―裾野IC間で3日から通行止めが続いている。赤羽一嘉・国土交通相は6日、今週末をめどに、上り線2車線のうち1車線の開通を目指していることを明らかにした。

 国交省によると、3日に同県長泉町内で上り線ののり面が崩れて上下線とも通行止めになった。下り線は4日に通行止めが解除されたが、上り線の通行止めは続いている。大雨による高速道路への影響では、横浜横須賀道路でも逗子ICの閉鎖が続いている。