立憲・枝野氏、都議選で反省の弁 「届いていない選挙」

立憲

横山翼
[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表は6日の党執行役員会で、15議席にとどまった都議選の結果を受け、「自民党に代わる選択肢は我々しかないんだ、ということが十分に届ききっていない選挙になってしまった」と反省の弁を述べた。

 4日の投開票後、枝野氏が公開の場で都議選について発言するのは初めて。枝野氏は「今の政権に対して多くの国民が強い不満を持っていることが明らかになったのは間違いない」とも指摘。次期衆院選に向けて「今回の教訓、反省点をしっかりと踏まえてあたっていく」と語った。

 立憲は、共産党と約8割の1~3人区で候補者を一本化した結果、告示前から7議席伸ばした。一方で、都民ファースト(31議席)や共産(19議席)などに及ばず、都議会第5党だった。政権批判票の受け皿として課題が残り、党幹部からも「敗北だ」という指摘があがっていた。(横山翼)