地球1周分、8の字に周回 ハリオアマツバメ渡りルート

有料会員記事

中沢滋人
[PR]

 季節により北海道やオーストラリアなどを周回する渡り鳥「ハリオアマツバメ」の渡りルートを、酪農学園大学(北海道江別市)、長崎大慶応大などの研究チームが突き止めた。繁殖地の一つ北海道十勝地方で、ハリオアマツバメに小型移動記録機器を取り付けることに成功。東アジア、東南アジア、オセアニアを「8」の字を描くように、地球1周分の長い旅をしていた。

 ハリオアマツバメは全長約20センチ、羽を広げた幅が約50センチ。分類学上、ツバメ(スズメ目)とはまったく別のアマツバメ目に属する。水平飛行時の速さは、鳥類トップクラスの時速170キロにも達するといわれる。日中に活動しているときは常に空を飛び続ける。夏は本州の中部地方以北に生息し、樹洞(じゅどう)に巣をつくって繁殖する。こうした生態により、観測例が極端に少なく、渡りルートは謎に包まれていた。

 研究チームは、2015年からハリオアマツバメの研究を始めた。18年、十勝地方の生息地に設置した巣箱に巣をつくった5羽に、0・7グラムほどの移動記録装置を取り付けた。翌年に再び戻ってきた4羽から記録装置の回収に成功し、そのうち3羽の渡り経路を解明した。

 それによると、秋の渡りは、8~9月ごろ北海道から本州を南下して太平洋に出たあと、朝鮮半島または黄海や南シナ海を横切って中国大陸へ渡る。さらにフィリピンニューギニアを経て、12月にはオーストラリア東海岸に到着する。12~3月をそこで過ごす。

 春の渡りは、4月ごろからオーストラリアを北西に移動してインドネシア付近から南シナ海を渡り、日本へ戻ってくることがわかった。総移動距離は地球1周に当たる約4万キロに及ぶ。

 酪農学園大の森さやか准教授…

この記事は有料会員記事です。残り351文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!