コロナ禍の熱中症対策 湿度が重要、暑さ指数を参考に

有料会員記事

後藤一也
[PR]

 7月に入ると本格的な夏がやってくる。このところ、毎年のように各地で観測史上最高の暑さを記録したというニュースを聞く。本当に今年が1番暑い夏なのかはともかく、今は新型コロナウイルスの流行でまだマスクは手放せそうにない。熱中症対策はどうすればいいのだろう。

 本当に近年暑くなっているのか、まずは気象庁のデータで確認してみた。今から140年前の1881年8月、東京の最高気温の平均は何度だろうか。

 答えは31度。前後の年の8月と比べると、この年は少し高かったようだ。1920年ごろまで、8月の最高気温の平均が30度になることは少なかったが、その後は30度を超える年がだんだん増え、2000年以降は記録的な冷夏だった03年以外は30度超えが続き、20年は34・1度に達し、記録上は暑くなっているようだ。今と140年前のデータを単純に比べることについて、「1日あたりの観測回数は違うが、専門的に解析しない限りは比べても問題ない」(気象庁の担当者)という。この近年の猛暑で、「熱中症」という言葉は広く知られるようになった。

 熱中症の基準は、気温だけで…

この記事は有料会員記事です。残り932文字有料会員になると続きをお読みいただけます。