透けるタイプもあります 日生がクリアファイルを紙製に

津阪直樹
[PR]

 日本生命は顧客への提案書入れなどに使うプラスチック製クリアファイルを、2024年度以降の新規購入分からすべて紙製にする方針だ。社名ロゴ入りなどのファイルを年約600万枚使っているが、環境への悪影響を防ぐためという。

 プラ製品はきちんと廃棄処理されず、海を汚したり、細かい破片を生物が取り込んだりする恐れもある。環境省が使用の減量などを呼びかけており、日生は紙製の購入を増やして最終的にはプラ製クリアファイルの使用ゼロをめざす。(津阪直樹)