天皇陛下がワクチン接種 宮内庁「公表するのが適当」

杉浦達朗

 宮内庁は6日、天皇陛下新型コロナウイルスのワクチンを接種したと発表した。同庁は当初、皇室のワクチン接種について公表しない方針だったが、「国民の象徴である陛下については公表するのが適当」と判断し、陛下の了解を得た上で発表したという。

 同庁によると、陛下は6日午後に赤坂御所でワクチンを接種した。自治体での接種や職域接種が進んでいる状況を見て、陛下も受けることが決まったという。皇室のワクチン接種をめぐっては、6月に上皇ご夫妻ら65歳以上の皇族方6人が接種したことがわかっている。(杉浦達朗)