将棋の藤井聡太二冠、B級1組順位戦で久保九段に勝利

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太二冠(18)=王位、棋聖=が6日、第80期名人戦・B級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の4回戦に臨み、久保利明九段(45)に117手で勝ち、今期B級1組での成績を3勝1敗とした。敗れた久保九段は0勝3敗となった(久保九段は3回戦が空け番)。藤井二冠の順位戦の通算成績は42勝2敗となった。

 対局は大阪市福島区関西将棋会館で午前10時、藤井二冠の先手番で始まった。久保九段の振り飛車に藤井二冠が居飛車で対抗。じっくりとした中盤戦となったが藤井二冠が攻め勝った。終局は翌7日午前0時21分。終局後、勝った藤井二冠は本局の内容を「(久保九段の)角交換振り飛車(という作戦を受けて立つ形)になって、序盤から手の組み合わせの多い将棋なので、どういう感じでいくのか序盤から難しかった。(久保九段の30手目)△3九角から馬を作られるのが軽視していた手で、本譜の順は3筋を突破するには至らないので、(自身の29手目)▲8八玉と寄ったのがどうだったかなと思っていました。(夕食休憩の少し前で、久保九段に44手目)△3一飛と寄られた局面で、(桂取りの)▲2六歩か本譜の▲8六角かを考えていたんですけど、▲8六角に対する久保九段の△5一飛が見えていなかったので、たぶん▲2六歩の方が良かったかもしれません。(61手目)▲2三歩成から攻め合って、若干、駒得になったので、(自分の方が)手厚くなったかなと思いました。(77手目▲9五歩からの)端攻めがうまくいくかどうか分からなかったんですが、(95手目)▲4六銀から攻めがつながる形になったかなと思いました」と振り返り、「B級1組になって手強い相手ばかりなので、(そこでの出だし)3勝1敗は悪くないのかなと思う。この後も一局一局、気を引き締めていけたら。最近、対局が多いので、コンディションを崩さないようにというのは意識していた」と話した。敗れた久保九段は本局の内容を「一手一手がちょっと分からない難しい将棋。いろんな変化や含みがあって、思わず考えてしまう将棋だった。(46手目)△5一飛の感触がいいかなと思ったが、やってみると大変だった。端の(攻めに対する)対応で、もう少しうまい対応があったら……。本譜は、一番受けづらい形で受けようとしてしまった」と振り返り、「(今期B級1組は3連敗スタートとなったが)結果は出てませんが、やるだけのことは、やってるつもりなので、また次、頑張りたいと思います」と話した。

 B級1組4回戦は当初、15…

この記事は有料会員記事です。残り152文字有料会員になると続きをお読みいただけます。