• アピタル

コロナワクチン、接種の前後で気をつけるポイントは?

有料会員記事新型コロナウイルス

野口憲太
[PR]

 職場や大学での新型コロナウイルスワクチンの接種がはじまり、これまでより広い年齢層への接種が本格化している。接種する前日や当日、接種した後にはどんなことに気をつければいいのか。

まずは対象や持病など確認

 いま使われているワクチンは、12歳以上に使える米ファイザー製と、18歳以上に使える米モデルナ製の2種類だ。12~17歳の人が接種できるのは、現状ではファイザー製のみとなる。

 接種する際は、そもそも自分が、「接種を受けられない人」や「接種にあたって注意が必要な人」に該当していないかを確認する必要がある。

 二つのワクチンとも、「接種できない人」は、37・5度以上の発熱がある▽重い急性疾患にかかっている▽今回接種するワクチンの成分に対して重いアレルギー反応が出たことがある――人などとされている。

 「注意が必要な人」は過去に免疫不全の診断を受けた▽心、腎、肝臓などに基礎疾患がある▽過去に予防接種を受けて全身性の発疹などが出た――人などとされている。

 いずれも、該当する場合は、接種前の診察時に医師に伝えるように求められている。

 「接種できない人」「注意が必要な人」は、自治体から届くクーポン券(接種券)に同封されている説明書や、各ワクチンの添付文書(効果や安全性、使用上の注意などが書かれたもの)でも確認できる。ワクチンに含まれる成分も、ここに記載がある。

■アレルギー体質 「全部だめ…

この記事は有料会員記事です。残り2006文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]