京都・時代祭の「動く歴史絵巻」 行列巡行は今年も中止

富永鈴香
[PR]

 京都三大祭りの一つで、例年10月22日に開催される「時代祭」は、新型コロナウイルスの影響で昨年に続いて今年も、目玉の行列巡行を中止する。主催する平安講社と平安神宮(いずれも京都市左京区)が7日、発表した。

 平安講社の山田啓二総長は記者会見で「コロナの終息は見通せない。行列にはサポートする人も含めると5千人が関わる。沿道には5万~10万人が見物に来る。安全・安心のため中止せざるをえない」と話した。

 時代祭は1895年、平安神宮の創建を祝って始まった。行列巡行では、清少納言織田信長、幕末の志士など、平安時代から明治維新までの歴史上の人物に扮した市民約2千人が練り歩き、「動く歴史絵巻」とも呼ばれる。(富永鈴香)