真っ向勝負と勝つ投球と 松坂大輔、日本シリーズの変身

有料会員記事

稲崎航一
[PR]

 松坂大輔に聞きたいことがあった。「なぜ、あの最後の場面でスライダーだったのか」。2004年、西武担当になって初めて質問したのがこの話だ。

 1998年の第80回全国高校野球選手権記念大会の決勝、京都成章戦。松坂は球史に残るノーヒットノーランで優勝を飾った。

 その最後の打者への1球は、外角へ大きく逃げるスライダー。空振り三振だったが、最後は気持ちよく、得意の速球で決めたいと思わなかったのかと。素人考えで質問した。

 「勝つには、打たれないため…

この記事は有料会員記事です。残り843文字有料会員になると続きをお読みいただけます。