認知症の「父さん」は愛されキャラ 娘が8コママンガに

会員記事

阿久沢悦子
[PR]

 認知症と診断された父を、イラストレーターの娘が8コママンガに描き、出版した。タイトルは「ねぼけノート 認知症はじめました」。2025年には高齢者の5人に1人と推計される認知症者の日常を、軽やかに描いている。

 作者のあさとひわさん(47)は12年11月、母から「お父さんの様子がおかしいの」と、埼玉県内の実家に呼び出された。あさとさんの姿を見た当時78歳の父が、とぼけた表情でつぶやいた。

 「父さんは、ぼけてしまいました」

 その日から両親とあさとさん…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。