第2回シンクからあふれた水…凍死 認知症の妻、老老介護の末

有料会員記事

写真・図版
2人孤独死㊥
[PR]

 いつもの朝の、いつものごみ出し……のはずだった。大阪府枚方(ひらかた)市の住宅街。70代の女性は、顔なじみの高齢夫婦の家の前を通りかかり、立ち止まった。玄関扉の下の隙間から、水が流れ出ていた。

 「いったい何ごとやろ」。そういえば、2階のベランダの洗濯物は取り込まれていなかった。

 引き返して夫に相談し、自治会の役員を呼んだ。扉に触れると鍵はかかっておらず、開けて声を掛けても反応はなかった。

 通報を受けて駆けつけた警察官が中に入り、夫婦の遺体を見つけた。2018年12月のことだ。

 枚方署によると、妻(当時89)は1階の和室のこたつに足を入れて横たわり、夫(同80)はそのそばで仰向けに倒れていた。

 ともに凍死だった。

大阪市港区の分譲マンションでは、68歳の母と42歳の娘が餓死しているのが見つかりました。室内にあった現金は10円玉1枚と1円玉3枚の計13円。冷蔵庫の中をふくめ、食べ物は残っていませんでした。

 いつ亡くなったのか定かでは…

この記事は有料会員記事です。残り2149文字有料会員になると続きをお読みいただけます。