「みんな無事で」熱海駅の七夕飾り 被災者気遣う短冊

高木智子
[PR]

 全員が無事に家族と会えますように――。大規模な土石流に見舞われた静岡県熱海市で、JR熱海駅の改札口に展示されている七夕飾りに安否不明の人たちの無事を願う短冊が結ばれている。七夕明けの8日に撤去する予定だったが、市民が願い事をかけられるようにと、JR東日本は急きょ16日まで期間を延ばした。

 飾ったのは、駅近くの富士保育園(金岡秀宣園長)。飾り付けをするか迷ったが、例年どおり駅に展示したところ、「早く普通の生活に戻って、みんなが幸せに暮らせますように」「伊豆山の皆さん頑張れ」などと被災者を気遣う短冊が増えた。JR側が「乗客のみなさんも気持ちをこめて書いてくださっている。すぐに片付けるのはもったいない」と延長を決めたという。高木智子