• アピタル

75歳日本人がコロナで死亡 タイで初確認、第3波の中

新型コロナウイルス

バンコク=乗京真知
[PR]

 タイ保健当局は7日、新型コロナウイルスに感染したタイ在住の日本人男性(75)が死亡したと発表した。同国で新型コロナ感染による日本人の死亡が確認されたのは初めて。

 保健当局などによると、男性は首都バンコク近郊のサムットプラカーン県の病院に入院していたが、5日に死亡したという。

 現地の日本大使館によると、タイでは感染が広がり始めた昨年3月以降、日本人約140人の感染が確認されている。

 感染の第3波に見舞われているタイでは、変異株の流入などで1日あたりの新規感染者数が6千人前後で推移している。当局は都市部での外食を禁止したり運動施設を閉鎖したりして規制を強めているが、ワクチン接種の遅れも重なって収束の兆しは見えていない。7日時点の累積感染者数は30万1172人に上り、この3カ月間で約10倍に増えた。

 タイのプラユット首相は、1日に視察した南部プーケットで一緒に写真を撮った人の感染が判明したため、5日から14日間の自主隔離に入っている。(バンコク=乗京真知

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]