荒川区・港区も児童の五輪観戦を中止 東京コロナ情報

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都内の新型コロナウイルス関連情報(7日、自治体発表などによる)

 【荒川区

 区立幼稚園やこども園、小中学校の児童・生徒が、東京オリンピックパラリンピックを観戦する「学校連携観戦」を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染の収束が見込めないなか、会場まで常時マスクを着用して移動することに熱中症の危険性があると判断した。

 【大田区

 区立小学校4校で、児童1人の感染をそれぞれ確認した。うち二つの小学校については、児童と接触のあった児童や教職員に自宅待機を要請した。いずれの小学校とも通常の運営は続けている。

 【江東区

 ワクチン接種に関する情報を区民がいち早く得られるよう、公式のLINEアカウントと、スマートニュースの公式チャンネルを開設したと発表した。

 【中央区】

 区は7日、区立小学校の児童1人が新型コロナウイルスに感染していることが6日に判明したと発表した。校内の消毒や、濃厚接触者の確認を行うため、7日は臨時休校とした。

 また、区立の認可保育園で職員1人が新型コロナウイルスに感染していることが6日に判明した。施設内の消毒は実施済みで、濃厚接触者もいなかったため、臨時休業は行っていない。

 【港区】

 区立の幼稚園や小中学校の子どもたちが東京オリンピックパラリンピックを観戦する「学校連携観戦」を中止すると発表した。都教育委員会から5日、参加の上限人数を減らす方針が示され、「希望する全ての子どもたちに、観戦の機会を均等に提供できない」との理由から、中止を決めたという。

 区立港南中学校の生徒がコロナ禍で働く医療従事者らに対する応援メッセージを寄せ、みなと保健所と芝浦港南地区総合支所に送った。メッセージは約330あり、同保健所の施設内や、同総合支所1階に設置されたワクチン接種会場の近くに掲示している。

 【西東京市

 市立中学校で生徒1人の感染を確認したと発表した。保健所の調査で、学校活動での感染拡大のおそれはなかったという。6日に校内の消毒を実施した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]