円谷英二の幻の映画「かぐや姫」英で発見 9月凱旋上映

有料会員記事

小原篤
[PR]

 「特撮の神様」円谷英二(1901~70)が若き日に撮影を担当し、長く幻の映画だった「かぐや姫」(35年)の短縮版が英国で発見され、9月に凱旋(がいせん)上映される。国立映画アーカイブ(NFAJ、東京・京橋)が7日発表した。同館の大傍(だいぼう)正規・主任研究員は「当時最先端の技術を貪欲(どんよく)に採り入れたもので、円谷英二の創作のルーツを知る上で欠かせない1本」と話している。

 「かぐや姫」は田中喜次監督による75分の長編。封切り以後上映記録がなく、フィルムが失われていた。2015年に英の研究家が英国映画協会のカタログに「かぐや姫」のタイトルがあるのを知り、NFAJ側が現物を確認、今回の収蔵につながった。公開翌年、英での上映会用に作られた33分の短縮版だった。

 切った竹の中から小さな女の…

この記事は有料会員記事です。残り554文字有料会員になると続きをお読みいただけます。