• アピタル

「五輪は半年延期を」 岩田教授の警鐘、最悪シナリオは

有料会員記事新型コロナウイルス

聞き手 編集委員・辻外記子
[PR]

 東京五輪の開幕まで2週間ほどに迫ります。感染症を専門とする、岩田健太郎・神戸大大学院教授は「半年間、延期するのが望ましい」と話します。そしてこの先の最悪のシナリオは「五輪の成功」とも言います。その理由とは? 7日、オンラインで話を聞きました。

半年延期に整合性

 ――この時期の五輪開催に反対されています。

 いますべきことは、新型コロナウイルスをしっかり抑え込み、安心して五輪をできるようにすることです。そのために一番大事なのはワクチン接種。なのに、それほど進んでいないし、数が足りなくなっている。

 だから五輪を延期するのが一番、整合性がとれて理にかなっている。

 感染状況によって急な変更をすることがあってもいいはず。今からでも遅くはありません。

 ――いまだに五輪会場の観客…

この記事は有料会員記事です。残り1734文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]