• アピタル

新たな大阪モデル運用へ 重症病床使用率60%で赤信号

有料会員記事新型コロナウイルス

久保田侑暉
[PR]

 大阪府は7日、新型コロナウイルスの感染状況を示す独自基準「大阪モデル」を修正した。緊急事態宣言の発令や解除の目安となっている国の分科会のステージ指標を採り入れた。8日から運用を始める。

 新たな大阪モデルで用いるのは、①直近7日間の人口10万人あたりの新規陽性者数、②軽症・中等症も含めた全体の病症使用率、③重症病床使用率の3指標。

 ①は分科会がステージ3(感染急増)とする15人以上になれば、大阪モデルでは警戒を促す「黄信号」の基準に、ステージ4(感染爆発)とする25人以上となれば、非常事態の「赤信号」の基準にそれぞれ対応するようにした。

 ①を満たさなくても、②か③のいずれかが20%以上になれば黄信号を点灯。赤信号は②が50%、③が60%で点灯させる。これまで赤信号は重症病床使用率が70%以上と定められていたが、60%に引き下げた。府が確保する重症病床は7日時点で390床だが、大阪モデルでは一般医療と両立が可能とする250床を分母として使用率を算出するという。

 新たな大阪モデルを現状の感染状況に当てはめると黄信号になるが、まん延防止等重点措置期間中のため赤信号の点灯を続ける。

 専門家からは、重症病床使用率60%の状況は「通常医療や一般外来の縮小が始まっている」として、赤信号の基準の引き下げを求める意見が寄せられた。一方で、吉村洋文知事は「医療のキャパは増えている。赤信号はまさに医療が非常事態に達する状況で、早くつけるとリスクコミュニケーション(リスクについての情報共有)にならない」と話した。(久保田侑暉)

新旧モデルの詳細

【旧・大阪モデル】…

この記事は有料会員記事です。残り380文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]