【詳報】東京に緊急事態宣言、菅首相「前倒しで解除も」

【ノーカット動画】東京に4度目の緊急事態宣言 菅首相の記者会見
[PR]

 政府は8日、東京都緊急事態宣言を出すことを決めました。23日開会する東京五輪は宣言下での異例の開催となります。菅義偉首相は記者会見で「全人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを東京から発信したい」と訴えました。タイムラインで詳報します。

10:30

「バッハ会長を臨時国会に」野党求める

 菅義偉首相新型コロナウイルスの感染再拡大が続く東京都緊急事態宣言を出す方針を固めたことを受け、立憲民主党安住淳国会対策委員長は8日、自民党森山裕国対委員長と会談し、東京五輪パラリンピックの開催前か開催中に臨時国会を召集するよう要求した。

 野党側は国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が来日することを踏まえ、臨時国会にバッハ氏らIOC関係者の招致も求めた。安住氏は会談後、記者団に「IOCは日本の実情にあった判断をちゃんとしているのか。バッハ会長にも問わなければならない」と語った。

 自民党側は、臨時国会の召集について「持ち帰って検討する」と回答したが、与党幹部は召集には否定的な見方を示した。

 安住氏はさらに8日の衆参の議院運営委員会に菅首相の出席を求めたが、森山氏は応じなかった。

写真・図版
首相官邸に入る菅義偉首相=2021年7月8日午前8時25分、上田幸一撮影

11:00

ワタミ・渡辺美樹会長「受け入れるが大きなダメージ」

 「生き地獄で、営業しようとしたら止められる。人流を抑えるために受け入れるが、非常に大きなダメージを受けている」。居酒屋大手のワタミの渡辺美樹会長は8日午前、東京都内で報道陣の取材に、そう訴えた。

 6月下旬に前回の緊急事態宣言が解除されて、居酒屋「ミライザカ」や「鳥メロ」など都内の約30店が営業を再開したばかり。新たに4回目の宣言を出す政府の方針を受け、12日からは、まだ営業を再開していなかった店を含めて再び70店規模で休業する。今回の宣言により、4億円の損失が追加で生じる見込みという。

 渡辺会長は、居酒屋は酒がないと売り上げが7割ほど落ち、商売にならないと強調。「時短営業だけなら、利益は出ないが売り上げがあるので、雇用を守ることはできる。雇用を守るためにも、(ほかに運営する)焼き肉店や唐揚げ店は営業を続ける」と話した。

写真・図版
苦境を訴えるワタミの渡辺美樹会長=2021年7月8日午前11時11分、東京都板橋区

12:30 東京・立川

五輪ロゴ入りマスク「いい皮肉だね」

 東京都立川市東京五輪パラリンピック公式ショップ。正午過ぎ、女性(66)が五輪のロゴ入りマスクを手にしていた。「このマスク、いい皮肉だね。緊急事態宣言下の五輪なんて信じられない」

 東南アジアの学生に教える日本語教師として長年勤めていたが、去年から学生がぱったりとこなくなり3月で辞めた。年金で暮らしてはいけるが、「同僚の若い講師たちのことが心配で」。少しでも感染防止に協力しようと、趣味の旅行にも、歯の定期検診にも、1年以上行っていない。

 そんな感染防止対策を呼びかけながら五輪開催に向けて突き進む国や東京都には、「動き始めちゃったら、止められない。政治家なんてそんなもの」とあきれている。

 15分悩んだ末、ロゴ入りマスクは買うことにした。ただ、外でつけるつもりはない。「こんな時に五輪があったという記録です。家で庭いじりをするときにでも使おうかしら」

13:30

大阪・松井市長「売るなと言う権限、どこまで政府にあるのか」

 新型コロナウイルス対策をめぐり、西村康稔経済再生相が酒類販売事業者に対し、休業要請に応じない飲食店との取引を行わないよう求める方針を示したことに対し、大阪市松井一郎市長(日本維新の会代表)は8日、「売るなと言う権限はどこまで政府にあるのか」と異論を唱えた。

 松井市長は記者団に対し、「西村大臣がそこまで売るなと言うなら、どうやって(事業者が)売り上げを維持し、店を継続できるのかをしっかり考えてもらいたい」「販売を見直してくれと言うなら、補償は必ず必要だ」と語った。

 政府などが東京など1都3県で行われる東京五輪の競技を「完全無観客」とする方向で最終調整していることについては、「オリンピックをこれまで準備してきた人たち、アスリートの皆さんは(五輪以外の)競技は観客も入れてやる中で、なぜこれほどオリンピックは目の敵にされるのかなと思うんじゃないかな」と指摘。「感染対策をしながら、国民の皆さんが盛り上がる形、選手のモチベーションが上がる形が必要なんじゃないかなと思う」と述べた。

写真・図版
「基本的対処方針分科会」にのぞむ尾身茂会長(中央奥)と西村康稔経済再生相(同手前)=2021年7月8日午前9時、東京・永田町、川村直子撮影

米LAタイムズ電子版、日本のコロナ対策「遅い」

 米ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は7日付の記事で、緊急事態宣言について「五輪を中止にすることはできないだろうが、ほとんどの会場で観客は入場禁止になるかもしれない」と報じた。

 また日本の新型コロナ対策について「遅い。ワクチン接種を終えた人は全体の15%だけだ」と指摘した。

中国メディア「今回は特殊な五輪」

 来年2月に北京冬季五輪の開幕が予定されている中国。共産党機関紙人民日報系の健康時報は8日、緊急事態宣言のニュースとともに、五輪スタッフの感染が相次いでいることに触れ、「今回は特殊な五輪となる」と伝えた。

14:22

IOCバッハ会長が来日、3日間ホテルで隔離

 東京オリンピックパラリンピック大会組織委員会は8日、「本日午後2時22分、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は都内空港での必要手続きを終え、都内ホテルに到着しました」と発表した。

 2週間後に開幕が迫った大会…

この記事は有料会員記事です。残り6511文字有料会員になると続きをお読みいただけます。