• アピタル

コロナ探知犬、仏で活躍中 精度はPCR上回る97%?

有料会員記事新型コロナウイルス

パリ=疋田多揚
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で水際対策の重要性が高まる中、フランスで5月から、感染者を嗅ぎ分ける探知犬が活躍している。探知率はPCR検査を上回る97%とする研究者もいる。フィンランドなど各国で実用化や試験運用が始まっており、世界の空港に広がる可能性もある。

 探知犬が働いているのは南仏のマルセイユ空港。現在は15匹ほどだが、秋までに数百匹が訓練を終える予定。夏には、パリの空港でも実用化に向けた実験を重ねる計画だ。

 嗅ぎ分けの秘密はウイルス特有のにおい。政府と実用化を進める仏アルフォール獣医大学のドミニク・グランジャン教授によると、新型コロナウイルスの表面には「スパイクたんぱく質」などの特徴的な構造がある。犬にはこうしたたんぱく質を嗅ぎ分ける能力があり、感染者の汗を吸わせたガーゼをかがせるなどして訓練を重ね、特有のにおいを覚えさせたという。

 昨年3月、結腸がんを犬に探知させる研究をしていたレバノンの研究者と、コロナへの応用ができないかと話し合ったのが開発のきっかけだった。

 今年3月、研究に興味を示し…

この記事は有料会員記事です。残り508文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]