立憲との政策協定「サインしたらダメだ」 国民が拒否へ

[PR]

 国民民主党は7日、次期衆院選に向けて、連合が求めていた立憲民主党との政策協定を拒否する方針を決めた。国民民主は、東京都議選共産党選挙協力した立憲の姿勢を問題視する一方、党内からは小池百合子東京都知事との連携に期待する声が出ている。鬼原民幸

 「こんな協定書にサインしたらダメだ!」

 国会内でこの日開かれた国民民主の役員会では、1議席も取れなかった都議選の結果を受け、秋までにある衆院選の戦略が練り直されていた。参院議員の榛葉賀津也幹事長が、連合が立憲と国民民主とそれぞれ結ぶことになっている衆院選に向けた政策協定の原案に異論を唱えたのだ。

共産との都議選協力を問題視

 榛葉氏は、立憲が都議選で共産と選挙協力をしたことを問題視。国民民主の公認候補がいる選挙区で、立憲の衆院選立候補予定者が共産候補を応援したケースもあった。榛葉氏は協定書から「立憲」の文字を削除し、あくまで連合と国民民主の協定にするよう主張した。

 出席した幹部からは「野党と…

この記事は有料会員記事です。残り1049文字有料会員になると続きをお読みいただけます。