ハイチ大統領暗殺、2人を逮捕4人殺害 全土に戒厳令

有料会員記事

サンパウロ=岡田玄
[PR]

 大統領が暗殺されたカリブの島国ハイチの情報相は7日夜、ツイッターに「暗殺の容疑者が国家警察に逮捕された」と投稿した。ロイター通信は、警察の話として、雇われ兵2人を拘束したと報じた。ハイチでは事件を受け、全土に戒厳令を宣言している。

 クロード・ジョゼフ首相代行らが7日夜、記者会見した。報道によると、軍と警察が暗殺の容疑者グループを包囲し、4人の雇われ兵を殺害し、2人を拘束したという。この間、警察官3人が人質になったが、解放に成功したという。記者会見時は、まだ銃撃戦が続いており、警察長官は「彼らは殺されるか、捕まるかだ」と述べた。

 ジョゼフ氏の声明や現地報道などによると、ジョブネル・モイーズ大統領(53)は7日午前1時ごろ、首都ポルトープランスの私邸で襲撃され、殺害された。一緒にいた妻も銃撃され、けがをして米国に搬送されたという。容疑者グループについて詳しいことはわかっていない。

 米マイアミ・ヘラルド紙は、モイーズ氏の私邸近くの住民が撮影したという襲撃時とされる動画を公開。なまりのある英語で「DEA(米麻薬取締局)の作戦だ。後ろに下がれ」と叫ぶ男や、ライフルを持った男たちの様子が映っていた。

権力強めていったモイーズ氏、汚職疑惑追及も

 殺害前の5日、モイーズ氏は…

この記事は有料会員記事です。残り668文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら