• アピタル

第1回苦しくて手放せぬボンベ 退院したら放置された後遺症

有料会員記事新型コロナウイルス

杉浦奈実
写真・図版
コロナ 後遺症のリアル① デザイン・甲斐規裕
[PR]

コロナ 後遺症のリアル①

 外出するときには、スポーツ用の酸素ボンベが手放せない。感染を境に、生活は一変した。

 大阪府内の人材派遣会社経営の男性(63)は新型コロナウイルスに感染し、回復したものの、後遺症に悩まされ続けている。

 少し歩いては、しばらく動けなくなるようなことが続いたため、市販の酸素ボンベを携帯するようになった。ポケットサイズで、付属品のマスクなどを取り付けて酸素を吸っている。

 「以前よりましにはなっているけど……」

 男性が異変に気づいたのは、4月中旬だった。前日にのどの違和感があり、翌朝に39度の熱が出た。

 「この時期、熱があったらコロナの疑いで病院にかからざるを得ないな」

 そう思ったが、周りに感染者はおらず、実際に感染しているとはあまり考えていなかった。

 しかし、近くの発熱外来がある病院を訪ね、駐車場で受けたPCR検査の結果は陽性だった。どこで感染したのかはいまもわからない。

写真・図版
男性が持ち歩いているスポーツ用の酸素ボンベ=男性提供

鳴りやまぬ警告音 家族に送った「やばいかも」

 幸いなことに、同居している妻と息子は陰性だった。ただ、そのまま自宅にとどまれば感染を広げてしまうリスクもあった。ホテルでの療養を希望することにした。

 そのときは空きがなく、入ることができたのは陽性判明から2日後だった。保健所が用意した車に、同じく感染した3人と同乗して向かった。

 ホテルの個室に入ってしばらくしても、熱は下がらなかった。「常時つけておいてください」と渡された、血液中の酸素濃度を測るパルスオキシメーターの数値は、ホテルに着いた時点で正常とされる96%を切っていた。

 ホテル療養に入った後も体調…

この記事は有料会員記事です。残り2176文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]