天皇陛下「拝察」発言 感染対策徹底を 宮内庁長官会見

杉浦達朗

 宮内庁の西村泰彦長官は8日の定例会見で、東京五輪パラリンピックの開催をめぐり、新型コロナウイルス感染拡大を「(陛下が)ご懸念されていると拝察している」と発言した理由を問われ、「私としてはとにかく、オリンピック・パラリンピック開催に当たって、感染防止対策の徹底をしていただきたい。そこに尽きます」と説明した。

 西村氏は6月24日の前回の定例会見で、天皇陛下新型コロナウイルスの感染状況を心配しているとし、東京五輪パラリンピックの「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と発言。国内外に大きな反響が広がった。

 8日の会見で、宮内記者会の加盟社から「『拝察』の発言について、大きく取り上げられ、影響が及びかねないことは予想できたと思うが、それでもあえてあのタイミングで発言した長官としての理由は」と質問があり、見解を述べた。

 また、東京五輪パラリンピックへの皇室の関わりについては、西村氏は「調整中で、今申し上げることはない」と述べた。天皇陛下が開会式で開会宣言をする際の文言や、各国元首らを皇居に招いての祝宴、皇族方の競技観戦など全て未定としている。(杉浦達朗)