東京五輪中止「IOCに求めるべきだ」 立憲・枝野代表

[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表は、政府が東京都緊急事態宣言を出す方針を固めたことを受け、東京五輪パラリンピックについて「中止または延期をIOC(国際オリンピック委員会)などに対し、強く求めて交渉するべきだ」と訴えた。

 国会内で記者団の取材に語った。枝野氏はオリパラ中止・延期を求める理由について「多くの皆さんにさらに1カ月にわたって我慢をお願いすることになる。その中で、五輪・パラリンピックが何事もないかのように実施されるというのは到底理解できない」と述べた。

 また、枝野氏は「今開くべきなのは五輪ではなく臨時国会だ」と訴え、臨時国会で補正予算を編成するなどして大規模な補償を実施するべきだとした。

 共産党志位和夫委員長も記者会見で「緊急事態宣言の下でのオリンピックなど、とんでもない。国民に対して矛盾したメッセージになり、国民の協力を得ることができず、宣言を発令しても実効あるものにならない」とオリパラ中止を求めた。