米IT企業にサイバー攻撃 世界1500社に影響拡大か

有料会員記事

ワシントン=高野遼
[PR]

 米IT企業「カセヤ」のソフトウェアがランサムウェア(身代金ウイルス)攻撃を受け、被害が世界規模で広がっている。同社は影響は最大で1500社に及ぶと発表。米政府は来週、ロシア側とランサムウェア対策について協議する予定だ。

 ホワイトハウスは7日、司法省など関係機関を集めてランサムウェア攻撃への対策を検討した。連邦捜査局(FBI)などもすでに捜査を始めている。

 カセヤ社の発表によると、同社が法人向けに提供するソフトウェア「VSA」が被害を受けたことが今月2日に発覚。同製品を利用する約50社が直接の攻撃を受けたほか、これらの会社からサービスなどを受ける800~1500社に影響が出ているという。

 今回はカセヤ社のシステムを攻撃するのではなく、同社が顧客に提供するソフトウェアを狙った「サプライチェーン型」の攻撃だったため被害が拡大した。「過去最大規模のランサムウェア攻撃」との専門家の見方も報じられている。

 ロイター通信によると、スウ…

この記事は有料会員記事です。残り571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。