太陽光パネルつき駐車場サービス 中部電 初期負担ゼロ

近藤郷平
[PR]

 初期負担ゼロで太陽光発電パネルつきの大規模な駐車場をつくることができ、その電気も使えるサービスを、中部電力ミライズと、資本提携する新電力のLooop(ループ)(東京)が15日から始める。脱炭素社会に向けて環境志向が強い企業からのニーズがあるとみる。

 中電側が費用を負担し、発電設備のある屋根つきカーポート(1基あたり2台の駐車可能)を駐車場に並べる。サービスは、平置きの駐車スペースが100台以上(カーポート50基以上)あり、発電した電気を自社で消費できる企業が対象だ。中電側がメンテナンスも担う。工場や商業施設の駐車場を想定している。

 企業は使用電力量に応じたサービス利用料を毎月、中電側に払う。契約期間は20年間。料金は通常の電気料金とほぼ同水準だが、脱炭素に向けた企業姿勢をアピールでき、雨にぬれない駐車場も用意できる。

 中部電力ミライズの担当者は「長期的に安定して再生可能エネルギーを利用できる」と話す。

 同社とループは、初期負担ゼロで太陽光発電の電気を使えるサービスを2019年から、工場や店舗の屋根を対象に導入。脱炭素社会に向けて企業の関心が広がっており、駐車スペースを生かすことを考えたという。(近藤郷平)