南アフリカのズマ前大統領を収監 禁錮1年3カ月判決

遠藤雄司
[PR]

 南アフリカのズマ前大統領が7日深夜、警察に出頭し、収監されたと地元メディアなどが伝えた。憲法裁判所は先月、ズマ氏に禁錮1年3カ月の実刑判決を言い渡していた。

 報道によると、ズマ氏は2009~18年の大統領在任中、インド系富豪への便宜供与などの数々の汚職疑惑が浮上し、辞任に追い込まれた。汚職疑惑の調査委員会が立ち上がり、今年2月に出席を求められたが、「委員会は私をいけにえにしようとしている」などと主張して拒んでいた。

 ズマ氏は、故ネルソン・マンデラらとアパルトヘイト(人種隔離)政策の廃止に貢献。09年に大統領に就任したものの、自宅の改装費に20億円以上の公金を使用するなど数多くの疑惑が明らかになり、18年に辞任に追い込まれていた。また、副大統領だった1990年代にフランスの軍需企業との武器取引にからむ汚職、詐欺、マネーロンダリングなどに関わったとして18年に起訴されている。遠藤雄司