「理由開示を」学術会議任命拒否の6人、不服審査請求へ

有料会員記事

伊藤和行
[PR]

 日本学術会議の会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題で、6人が拒否の理由や経緯が分かる文書を開示請求したが不開示となったことを受け、行政不服審査法に基づき審査請求することが8日、分かった。記者会見した会員候補の一人、岡田正則・早稲田大教授は「違法な任命拒否の理由は明らかにされなければならない」と話した。

 岡田教授ら6人は4月、行政機関個人情報保護法に基づき、自分たちの任命を拒否した根拠や経緯が分かる文書などを内閣官房や内閣府に開示請求した。だが6月末までに、「保有していない」「公正かつ円滑な人事に支障を及ぼすおそれがある」などとして不開示や応答拒否の決定が出た。

 6人は8日、決定に対する声明を連名で発表。「『保有していない』とするなら文書隠滅の疑いがある。私たちの個人情報の開示が『人事に支障を及ぼすおそれ』が生じるとは考えられない」と批判した。

 任命拒否については、6人と…

この記事は有料会員記事です。残り130文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら