自民党再生訴える岸田氏 党総裁選への先行きは不透明

有料会員記事

笹井継夫
[PR]

 自民党岸田派宏池会、47人)が8日夜、東京都内で政治資金パーティーを開いた。同派を率いる岸田文雄・前政調会長自民党再生の必要性を訴えるなど、次の党総裁選を見据えた動きを強めているが、先行きは不透明なままだ。

 岸田氏はパーティーの講演で、自民党の議席が伸び悩んだ東京都議選に触れ、「コロナ対策、オリンピックへの対応など様々な指摘があるが、政治とカネの問題をはじめ、自民党の体質も軽視することはできない」と指摘した。

 先月29日に北海道岩見沢市であった講演では、「逆転が大きなキーワードになる」と切り出し、「負け、逆境、痛みを知ることができる政治家として、弱い立場の方々に対する共感をしっかりと大事にしながら、私自身も逆転に向けてしっかり努力していきたい」と訴えた。

 岸田氏は昨秋の自民党総裁選

この記事は有料会員記事です。残り691文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら